【最新版】日本におけるアロマセラピーの仕事: 職種と業界のトレンド

aromatherapy_job.

アロマセラピーに興味があり、アロマ検定やアロマセラピストのお仕事に非常に興味があります。でもアロマをどのようにお仕事につなげるか給与面はどうなのか情報が少なく、ちゃんと仕事としてやっていけるのか不安でいっぱいです。アロマセラピーを活かした仕事について詳しくしりたいです。

ご安心ください。この記事で、日本におけるアロマセラピーの仕事について詳しくお話しします。

この記事を読めばアロマセラピーを学んだ後、どのような仕事があるのか具体的にわかるようになります。

この記事はKoyukiが書いております。
レイキマスター、ヒーラー 19年
AEAJ アロマセラピスト、インストラクター 19年
アーユルヴェーダセラピスト 18年
上級心理カウンセラー 18年

目次

アロマセラピーの仕事

アロマセラピーのプロフェッショナルは多種多様な職種に就くことができます。以下に代表例を紹介します。

アロマセラピスト

アロマセラピストは直接クライアントに対し、エッセンシャルオイルを使用したアロマトリートメントを提供します。
ストレス緩和、リラクゼーション、心地よい香りの体験など、さまざまな目的で行われます。

アロマセラピストのプロ資格を取ってすぐに学習塾の一室をアロマサロンにして、アロマセラピストとして働いていました。アロマトリートメント用の折り畳み可能なベッド一台+アルファのスペースさえあれば、できます。コースによって、1時間6000円~12000円ほどで提供していました。一日一人か二人だけ受け入れて、ゆったりと過ごしてもらうことができましたし、自分自身もマイペースでできました。

でも、私にとっては、いきなり開業するのは、少し敷居が高いです。

そういう人も多いので、まずはパートタイムでアロマサロンのチェーン店などで働く人も多いです。その場合、資格があれば優遇されますが、各店舗で研修が行われていたり、民間のアロマセラピスト養成学校のコースを修了すれば、仕事をあっせんしてくれる場合が多いです。ただ時給制で、1000円~1500円前後となります。そして人気店だと次々とお客さんにトリートメントをするので、体力が必要となりますが、とてもいい経験となりますし、競争にさらされ、そこで生き残ると技術力が高くなる傾向があります。

アロマセラピー製品販売

多くのアロマセラピストは自身で製品を作り、オンラインショップや実店舗で販売します。これらの製品には、エッセンシャルオイル、ボディローション、キャンドル、バスソルトなどがあります。

今はSNSが発達しているので、インスタグラムやフェイスブック、オンラインショップなどいろいろな媒体で手作りのグッズを販売している人が多いですね。プロのアロマインストラクターやセラピストになると、卸売り価格で仕入れるルートが多いので、実際にサロンでアロマセラピストとして働きながら、商品を売るセラピストも多いです。

大好きないい香りのグッズに囲まれて仕事をするなんて夢のようです!

教育者やコンサルタント

アロマセラピーの知識を深く学び、その技術を他の人に教えることも可能です。また、企業や個人向けにアロマセラピーのコンサルタントとしてアドバイスを提供することもあります。

人前で教えるのが好きな人にはぴったりですね。私がアロマセラピーを学んでいた時は看護師さんや薬剤師さんが多くて驚きました。代替ケアとして、患者さんにアドバイスしたり自身のセルフケアとして勉強されているようでした。また、お年寄りや子供さんのケアにアロマセラピーを取り入れたり、ペットの健康のために学ばれている方も見受けられました。

アロマセラピーは学ぶとあらゆるタイプの人が何通りにも活用できるのがいいですね。

給料体系

アロマセラピー関連の職種における給与は、経験、能力、地域、専門性などにより大きく変わる可能性があります。以下に概算の給与範囲を示しますが、これはあくまで参考値であり、具体的な給与は職場や個々の状況により異なります。

アロマセラピスト

日本でのアロマセラピストの平均年収は、経験やスキルによりますが、300万円~500万円程度となることが多いです。ただし、フリーランスとして活動する場合や、自分のサロンを開く場合、その収入はクライアントの数や料金設定に大きく依存します。

アロマセラピー製品販売

自分でアロマセラピー製品を製造して販売する場合、利益は販売価格、製造コスト、販売量などに大きく依存し一概には言えません。オンラインショップを運営する場合、始めは利益が出にくいかもしれませんが、製品が人気を博し、販売量が増えると利益も増えます。

教育者やコンサルタント

アロマセラピーの教育者やコンサルタントの平均年収も、経験や専門性、教えるコースの種類や数量によって変わりますが、400万円~600万円程度となることが多いです。一方、フリーランスのコンサルタントや独立した教育者の場合、収入は依頼内容や契約条件に大きく依存します。

これらの給与体系は参考の一例であり、個々の状況により大きく異なる可能性があります。アロマセラピー業界でキャリアを追求する際は、自身のスキルや経験、そして何より情熱を考慮に入れることが重要です。また、定期的に自身の価値を再評価し、必要に応じて料金を調整することも大切です。

日本におけるアロマセラピー業界のトレンド

近年、日本におけるアロマセラピーの需要は高まっています。特にコロナ禍の影響で、在宅勤務やテレワークが増えたことで、自宅でリラクゼーションやストレス解消法を求める人が増えています。そのため、アロマセラピー製品の需要が高まり、アロマセラピストや関連製品の製造業者にとって大きなビジネスチャンスとなっています。

また、アロマセラピーはホリスティックな健康とウェルビーイングの観点からも注目を集めています。ストレスフルな日常からの逃避や、自身の心身の健康を向上させるための方法として、アロマセラピーは広く受け入れられています。エッセンシャルオイルの効能に関する新たな研究も行われています。

アロマセラピーのキャリアを始めるために

アロマセラピーのプロフェッショナルとしてのキャリアを始めるためには、まず専門的なトレーニングや教育が必要です。資格認定機関が提供するアロマセラピーのコースに参加することで、エッセンシャルオイルの特性、使用方法、安全な使い方について深く学ぶことができます。

また、実際の経験を積むことも大切です。自身でアロマセラピーを実践したり、実際にクライアントを持つことで、スキルを磨き、自信を持つことができます。

まとめ

最後に、アロマセラピーを学び、練習し、体験することへの情熱が重要です。この業界は、他の人の健康と幸せに対する真の情熱を必要とします。アロマセラピーの奥深い学問を深め、クライアントに最高の経験を提供することを目指すことで、成功する可能性が高まります。

日本におけるアロマセラピーの仕事は、心身の健康に関心を持つ人々にとって魅力的なキャリアパスと言えるでしょう。アロマセラピストは、人々のライフスタイルを向上させ、健康と幸せを提供するための重要な役割を果たします。この分野で働くことは、他の人々を支えるだけでなく、自己成長と自己満足を得る機会でもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次