アロマセラピー入門:基本のやり方と注意点を学ぼう!

aromatherapy_how_to.
目次

アロマセラピーを始めましょう

ストレスが多くてリラックス効果が高いというアロマセラピーを始めたいですが、いろいろな精油が売られていて、どれが安全かよくわからないし、安全な使いかたもわからなくて、使えずにいます。アロマセラピーを自宅で楽しめるように知識がほしいです。

アロマセラピーは、植物から抽出された精油を使って心身の健康をサポートする自然療法です。リラックス効果やストレス緩和、集中力向上など、さまざまな効果が期待できます。今回は、アロマセラピーの基本的な方法と注意点についてご紹介します

この記事を読めばアロマセラピーの始め方、安全な楽しみ方がわかるようになります!

この記事はKoyukiが書いております。
レイキマスター、ヒーラー 19年
AEAJ アロマセラピスト、インストラクター 19年
アーユルヴェーダセラピスト 18年
上級心理カウンセラー 18年

アロマセラピーの基本的なやり方

以下に基本的なアロマセラピーの楽しみ方をご紹介します。

アロマセラピーのやり方

空間香りづけ

ディフューザーやアロマランプを使って、精油の香りを部屋全体に広げる方法です。リラックス効果やリフレッシュ効果を得ることができます。ディフューザーに水と精油を入れて使用するか、アロマランプに精油とキャリアオイルを混ぜて使用します。

アロママッサージ

キャリアオイル(ホホバオイルやアーモンドオイルなど)に精油を混ぜて、マッサージオイルとして使用します。血行促進やリンパの流れを改善し、リラックス効果を得ることができます。精油は1-3%の濃度でキャリアオイルに混ぜて使用します。末端から心臓に向けてマッサージするとデトックス効果が得られます。

入浴法

バスオイルやバスソルトに精油を混ぜて、入浴時に使用します。リラックス効果やデトックス効果を得ることができます。バスオイルに精油を5滴ほど混ぜて使用します。3滴ぐらいなら直接お湯に混ぜても大丈夫です。
※肌の弱い方はまずは、パッチテストで試してくださいね。

スキンケア

キャリアオイルや無香料のクリーム・ローションに精油を混ぜて、スキンケアとして使用します。保湿や美白効果などが期待できます。精油は1-2%の濃度でキャリアオイルやクリームに混ぜて使用します。

ラベンダースキンローションの作り方

ラベンダー精油は、リラックス効果や抗菌作用など多くの効能があり、アロマセラピーの中でも特に人気があります。今回は、ラベンダー精油を使った自家製スキンローションの作り方をご紹介します。手作りならではの無添加で肌に優しいスキンケアをお楽しみいただけます。

ラベンダー精油スキンローションの材料

  • 無香料の化粧水(または蒸留水):100ml
  • ラベンダー精油:5滴
  • グリセリン:大さじ1
  • 無水エタノール(オプション):5ml

作り方

  • まず、適当な大きさの容器(スプレーボトルがおすすめ)を用意し、煮沸消毒して乾かしておきます。
  • 容器に無香料の化粧水(または蒸留水)を100ml入れます。無香料の化粧水を使うことで、ラベンダー精油の香りがより引き立ちます。
  • グリセリンを大さじ1にラベンダー精油5滴をよく混ぜ、②に入れます。
  • 保存性を高めるために、無水エタノールを5ml加えることができますが、これはオプションです。肌が敏感な場合は、エタノールを省いても構いません。
  • すべての材料を容器に入れたら、しっかりと蓋を閉め、容器を優しく振って中身を混ぜます。
  • 出来上がったスキンローションは、洗顔後や入浴後に肌にスプレーし、手で優しくなじませて使用します。ラベンダーの香りがリラックス効果をもたらし、心身ともに癒されることでしょう。

自家製のラベンダー精油スキンローションって意外と簡単に作れそうですね。肌に優しいし、プレゼントにも喜ばれそう!

自分の肌質や好みに合わせて、他の精油や保湿成分を加えることで、オリジナルのスキンローションを作ることもできます。
例えば、抗酸化作用があるフランキンセンス精油や、肌を引き締める効果があるローズ精油などを追加することで、さらに効果的なスキンケアが楽しめます。また、アロエベラジェルやヒアルロン酸を加えることで、保湿効果を向上させることができます。

注意点

  • 精油はそのまま肌に塗布せず、必ず化粧水やキャリアオイルで希釈して使用してください。
  • 初めて使用する精油や新しいレシピには、パッチテストを行い、肌に適合しているかを確認してください。
  • 妊婦さんや小さなお子様、アレルギーのある方は、医師に相談してから使用してください。

アロマセラピーの注意点

  1. 精油はそのまま肌に塗布せず、キャリアオイルで希釈して使用してください。
  2. 妊婦さんや小さなお子様、アレルギーのある方は、医師に相談してから使用してください。
  3. 精油は直射日光や高温多湿を避けて保管してください。
  4. いくつかの精油は光毒性があり、使用後に
  5. 日光に当たると皮膚の炎症や色素沈着を引き起こすことがあります。そのため、光毒性のある精油(ベルガモットやレモンなど)を使用した後は、日光に当たらないように注意してください。
  6. 精油の選び方にも注意が必要です。高品質で純度の高い精油を選び、安価で劣悪な精油は避けてください。信頼できるメーカーやブランドを選ぶことが重要です。
  7. 各精油には独自の効能があります。そのため、自分の目的や好みに合った精油を選ぶことが重要です。例えば、リラックス効果が欲しい場合はラベンダーやカモミールを、リフレッシュ効果が欲しい場合はペパーミントやレモンを選ぶと良いでしょう。

まとめ

アロマセラピーの始め方、安全な楽しみ方がわかるようになりました。

アロマセラピーは、自分自身で手軽に行うことができる自然療法です。この記事で紹介した基本的なやり方と注意点を押さえて、心身の健康をサポートするアロマセラピーを楽しみましょう。さまざまな精油を試して、自分に合ったアロマセラピーの方法を見つけることが、より効果的なアロマセラピーを実践する鍵となります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次